参加アーティスト

森本勇矢 プロフィール

森本勇矢

1977年京都府生まれ。 家紋研究家。家紋伝導師。
一般社団法人京都家紋協会代表。日本家紋研究会副会長。 京都家紋研究会代表。 和文化遺産活用企画代表。
テレビ番組への出演をはじめ、雑誌への寄稿や著書の出版、講演会などを多数開催し、日本固有の独自文化である家紋の魅力を後世に伝えるために活躍する。 主な著書に『日本の家紋大事典』(日本実業出版社)『家紋無双』(知楽社)がある。

ARTIST MESSAGE

私はアーティストではなく、家紋研究家であり家紋伝導師。
研究の中、もう何年も注目しているのが「祇園信仰」と呼ばれる疫病の神「牛頭天王」です。
牛頭天王は明治の廃仏毀釈でその存在を消され、「スサノオ」となりました。
そのシンボル色はやはり「赤」です。
主な神社の鳥居などは「朱」であり、こちらも魔除けといわれます。
赤には疫病に対する力がある。
そしてそれが私の「赤」への拘りでもあります。

ART DARUMA

Instagram

今こそ「粋」に
ラフに着れる着物を

「SANGOU」とは、デザイナー菊田参号が展開する「ラフに着れる着物」をコンセプトに、日本の伝統技術や、文化を発信しているブランドです。
10年着られる、育てるTシャツ「冠衣-KABURI-」を中心に、
着物や和装を時代に合わせアレンジしたアイテムを展開しています。
日本の素材、技術、産地、生産者の明確なメイドインジャパンのモノづくりに徹することで、伝統工芸や技術の再興、日本文化の発展に貢献していきます。