参加アーティスト

SANGOU KIKUTA PROFILE - 菊田参号 プロフィール

菊田参号

1982年10月23日生まれ。宮城県仙台市出身。SANGOUデザイナー。2017年に「ラフに着られる着物」をコンセプトにしたブランド「SANGOU」をスタート。日本の伝統文化を普段着に落とし込んだ製品を展開している。2018年にはSANGOU京都本店を出店した。代表作には「10年着られる育てるTシャツ」がある。現在はMADE IN JAPANならぬ「MADE IN SANGOU」を目指し、自分の手によるモノづくりに没頭中。
グラフィックデザイナーとしてはこれまでに、宮本亜門演出「画狂人北斎」、水川あさみ初主演舞台「激動」、鳥居みゆき単独公演「狂宴封鎖的世界」等の宣伝美術、スマホケースブランド「ROCKS」(METALLICA・FOO FIGHTERS etc...)、アートディレクターとして、Disney・BATMAN・MARVEL・STAR WARS等の多くのプロダクトデザインを担当してきた。帽子と髭がトレードマーク。
京都で活動しているロックバンド「AZ NEVER BEFORE」ベーシストとしてもの顔も持つ。

ARTIST MESSAGE

今、僕に出来る事は何だろう。そんな想いからこの企画はスタートしました。

全てのエンターテイメントは自粛を余儀なくされ、多くのアーティストは何の活動も出来ずにいます。

僕がやっているSANGOUも、半年かけて準備してきた展示会を断念している状況です。

しかし腐ってばかりもいられません。
大変な時だからこそ、いつも以上の力で「今できること」と向き合わないと。

今回は15名のアーティストが参加してくださいました。
本当にありがとうございます。

想いがパンパンに詰まった素敵な疫病退散のお守りダルマが合計31個集まりました。本当に壮観です。展覧会をして、実際に見ていただきたかったです。。

WEBでの発表になりますが、一つ一つ魂のこもったダルマ達を是非ごゆっくりご覧くださいませ。

また、ダルマをご祈祷いただきました京都の達磨寺こと法輪寺さん。お寺さんにお願い事に行くのは初めてだったのでめちゃくちゃ緊張しながら企画の説明をさせていただきましたが、優しく聞いていただき、また快く引き受けていただきました。本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

最後に、今回参加してくれている佐々木香菜子に感謝を。
余談ですが、実は僕らは小中学校の同級生でしてね。
こんな時期だからこそ何かできないかな、と彼女と話していた時に、今回の企画が生まれた訳なのです。

香菜子の繋がりでたくさんのアーティストが参加していただきました。
本当にありがとう。

さあ、SANGOUはここから頑張っていきます!
コロナなんかに絶対に負けないぞ!
百折不撓!

ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました!

ART DARUMA

Instagram

今こそ「粋」に
ラフに着れる着物を

「SANGOU」とは、デザイナー菊田参号が展開する「ラフに着れる着物」をコンセプトに、日本の伝統技術や、文化を発信しているブランドです。
10年着られる、育てるTシャツ「冠衣-KABURI-」を中心に、
着物や和装を時代に合わせアレンジしたアイテムを展開しています。
日本の素材、技術、産地、生産者の明確なメイドインジャパンのモノづくりに徹することで、伝統工芸や技術の再興、日本文化の発展に貢献していきます。