今こそ「粋」に
ラフに着れる着物を

「SANGOU」は、デザイナー菊田参号が展開する「ラフに着れる着物」をコンセプトに、日本の伝統技術や、文化を発信しているブランドです。

着物や和装を時代に合わせアレンジし、日本の素材、技術、産地、生産者の明確なメイドインジャパンのモノづくりに徹することで、伝統工芸や技術の再興、日本文化の発展に貢献していきます。

ブランドアイコンの三ツ目の達磨がSANGOUの目印。 世知辛い現代を生きるあなたの心が「百折不撓」でありますように。

SANGOUのこだわり

品質について

日本の素材、技術にこだわり、産地、生産者の明確なメイドインジャパンのモノづくりに徹します。

職人さんがた

価格について

何割引等のセール販売は行いません。
品質にこだわる為、また、安易に価格を下げることは商品や生地そのものの価値を下げてしまうことに繋がると考えるからです。
※福袋やインスタプレゼント等、SANGOUが主催する企画は除きます。

修理サービス

商品をより長く使っていただく為、修理サービスを行っています。
常識で考えられる通常の生活で起こりうる破損は永年無料で修理いたします。

DESIGNER PROFILE

SANGOU KIKUTA PROFILE - 菊田参号 プロフィール

1982年10月23日生まれ。宮城県仙台市出身。SANGOUデザイナー。2017年に「ラフに着られる着物」をコンセプトにしたブランド「SANGOU」をスタート。日本の伝統文化を普段着に落とし込んだ製品を展開している。2018年にはSANGOU京都本店を出店した。代表作には「10年着られる育てるTシャツ」がある。現在はMADE IN JAPANならぬ「MADE IN SANGOU」を目指し、自分の手によるモノづくりに没頭中。
グラフィックデザイナーとしてはこれまでに、宮本亜門演出「画狂人北斎」、水川あさみ初主演舞台「激動」、鳥居みゆき単独公演「狂宴封鎖的世界」等の宣伝美術、スマホケースブランド「ROCKS」(METALLICA・FOO FIGHTERS etc...)、アートディレクターとして、Disney・BATMAN・MARVEL・STAR WARS等の多くのプロダクトデザインを担当してきた。帽子と髭がトレードマーク。
京都で活動しているロックバンド「AZ NEVER BEFORE」ベーシストとしてもの顔も持つ。

KIKUTA's DESIGN WORKS